長野県木曽町の地域活性化に取り組む 鰍ワちづくり木曽福島 のサイトです


       





当町の中心市街地活性化構想の基本方針を説明します。


木曽町福島 中心市街地活性化構想が目指すもの
木曽福島は、市街地に迫る緑濃い森林と木曽川の清流など恵まれた自然環境のなかにある渓谷の町です。
市街地におけるマイナスイオン値は、きっと日本で一番だと自負します。
江戸時代には、関所、代官所がおかれ、旧中山道の宿場町として栄えた歴史と伝統のある町であり、
今日まで木曽地域の政治、経済、文化、交通の要衝としてその中心的役割を担い発展してきた町です。  

しかし、木曽地域の中心的役割を担う場でありながら、
人口の減少や商業の衰退、歴史的建造物などが失われつつあり、
今日的な中心市街地の抱える問題の克服は町民全体の願いであることから、
早急にできることから町の再生を手がけることが求められています。

そのため時代の変化に対応し、町民一人ひとりが自分たちの力で
中心市街地を再生、活性化させるという意思を持ち、
事業者、町民、行政をはじめ、多様な主体がそれぞれの役割を分担し、
活性化の目的に向け協働、参加してまちづくりを行うことが継続的な町の発展につながります。

木曽福島町の誇る自然、歴史、文化を維持、継承し、
緑や水といった自然や先人が築き上げてきた歴史風土をテーマに、
現代的な新しい感覚を取り入れながら、人々が集まり、交流し、楽しく買い物ができ、
賑わいのある幸せ空間のまちづくりをみんなの力で進めます。

基本理念 夢のある未来へ 幸せ空間 木曽福島
基本理念の柱 1 豊かな自然 生き生きとした暮らし
2 伝統ある歴史 夢ある未来
テーマ 自然と歴史に新しい息吹を ―歩いて感じるまち・木曽福島―

 ● 生活に密着した快適で住みよいまち
 ● 特徴を生かした時代にあった商業地
 ● 「歴史」「自然」資源を活用した歩いて楽しいまち
 ● 暮らしやすく活気のある安全・快適なまち
 ● 協働による町民活動が活発なまち

木曽町TMO構想(中小小売商業高度化事業構想)

基本理念 かがやく木曽福島 魅力いっぱいの街づくり
基本方針 木曽福島の町人文化の再生をします
山紫水明の美を誇る渓谷の町の中に、森と水の街をつくります。
整備方針のための4つの軸 1 商業軸 (商店街の連続性の確保とサービスが充実し利便性のよい環境づくり)
2 歴史観光軸(ここの歴史的資源、健造物を活かしながら、点在する歴史的資源を結ぶことで回遊性を向上)
3 水辺軸(町中心部を流れる木曽川、八沢川の水辺環境の活用により、安らぎの空間づくり)
4 中山道(現在の主要な幹線路と歴史を語る中山道の整備)



そして今、徒歩回遊型の観光地を目指して、プロジェクトを進めています!
→(5)歩こう!ぶらりのまちへプロジェクト

  (1)会社概要
(2)木曽福島の中心市街地活性化
(3)木曽福島商業の歴史
(4)中心市街地活性化構想・TMO構想の概要
(5)歩こう!ぶらりのまちへプロジェクト
   
   
ページの先頭に戻る

 

・・・会社概要


 株式会社 まちづくり木曽福島
  郵便番号:397-0001
  住所:長野県木曽郡木曽町福島5084 広小路プラザ内